社会福祉士の仕事と職場

相談援助を担う社会福祉士という国家資格があります。

 

社会福祉士に関する法律は社会福祉士及び介護福祉士法が該当します。

 

社会福祉士及び介護福祉士法第2条によると、社会福祉士は身体もしくは精神に関する障害がある人や生活困窮者など、日常生活を送る上で何らかの支障がある人に対し、専門知識や技術を用いて相談に応じたり、助言および指導などを提供行います。また、医師やその他の保健医療サービスの提供者などとの連絡や調整を担っているとされています。

 

一般にソーシャルワーカーとか、ケースワーカーと呼ばれる人たちは、高齢者や障害者などの相談援助業務を行いますが、これらの仕事に特に資格は必要ありません。

 

しかし、社会福祉士という名前を名乗る場合には、社会福祉士の国家資格を取得しなくてはなりません。

 

資格を持っていることにより、相談援助業務に関する高い専門能力があるとアピールすることができます。

 

またある職種に就く場合に社会福祉士の資格が条件として挙げられていたり、職員として社会福祉士を置くよう推奨される場合もありますから、持っていて損することはありません。

 

ただし、社会福祉士の資格は4年生大学卒業と同等の専門的な知識およびスキルが求められますので、資格取得はなかなか難しいと言えます。

 

福祉関連の資格の中では精神保健福祉士が難関だとされていますが、社会福祉士の資格も同様です。

 

ちなみに精神保健福祉士と国家試験の科目に共通のものがあるので、社会福祉士と同時に精神保健福祉士も受験するのも良いでしょう。

 

先に精神保健福祉士の資格を得た後に社会福祉士の資格を目指す場合には国家試験の共通科目の受験は免除になります。

 

いずれにせよ、社会福祉士になるためには社会保障に関する詳細な知識や問題解決能力、コミュニケーション能力など幅広い能力が求められますので、生半可な意識ではなかなか難しい資格です。

 

なお、社会福祉士に関する問い合わせ先は公益財団法人社会福祉振興・試験センターとなっています。

 

それではいざ社会福祉士になれたあかつきにはどのような場所での活躍が期待できるのでしょうか。

 

主な職場は次の通りです。

 

1. 福祉施設(特別養護老人ホームなど)

 

2. 社会福祉事務所や児童相談所

 

3. 病院や保健所などの医療関係機関

 

4. 社会福祉協議会

社会福祉士になるためには

社会福祉士になるためにはまずは何をしたら良いのでしょうか。

 

社会福祉士になるためには、社会福祉士の養成施設に入り、国家試験を受けて合格することが必要です。

 

社会福祉士になるための方法は一つではありません。

 

複数の方法がありますので、確認してみましょう。

 

1. 福祉系の4年制大学で指定科目を履修
この場合、卒業後に社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

2. 福祉系の3年制短期大学で指定科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で1年間行うことにより、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

3. 福祉系の2年制短期大学で指定科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で2年間行うことにより、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

4. 福祉系の4年制大学で基礎科目を履修
この場合、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経た後、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

5. 福祉系の3年制短期大学で基礎科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で1年間行った後、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経て社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

6. 福祉系の2年制短期大学で基礎科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で2年間行った後、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経て社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

7. 社会福祉主事養成機関2年
この場合、相談援助実務経験を指定の施設で2年行った後、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経て社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

8. 児童福祉司や身体障害者福祉司などの実務経験4年
この場合、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経た後、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

9. 一般の4年制大学
この場合、卒業後に一般養成施設を1年修了した後、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

10. 一般の3年制短期大学
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で1年間行った後、一般養成施設を1年修了し、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

11. 一般の2年制短期大学
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で2年間行った後、一般養成施設を1年修了し、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

12. 相談援助実務4年
この場合、一般養成施設を1年修了した後、社会福祉士国家試験を受けることができます。

 

【指定科目】

 

・人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目

 

・現代社会と福祉

 

・社会調査の基礎

 

・相談援助の基盤と専門職

 

・相談援助の理論と方法

 

・地域福祉の理論と方法

 

・福祉行財政と福祉計画

 

・福祉サービスの組織と経営

 

・社会保障

 

・高齢者に対する支援と介護保険制度

 

・障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

 

・低所得者に対する支援と生活保護制度

 

・保健医療サービス

 

・就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、構成保険制度のうち1科目

 

・相談援助演習

 

・相談援助実習指導

 

・相談援助実習

 

【基礎科目】

 

・人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目

 

・社会調査の基礎

 

・相談援助の基盤と専門職

 

・福祉行財政と福祉計画

 

・福祉サービスの組織と経営

 

・社会保障

 

・高齢者に対する支援と介護保険制度

 

・障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

 

・低所得者に対する支援と生活保護制度

 

・保健医療サービス

 

・就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、構成保険制度のうち1科目