介護支援専門員(ケアマネジャー)の概要

介護支援専門員(ケアマネジャー)は介護保険法において介護や支援が必要だと認められた人からの相談に応じ、ケアプランを作成して介護サービス事業者との調整を行う、いわば介護サービスのコーディネーター的な役割を担う存在です。

 

具体的には要介護者とその家族がどのような介護を求めているのか面接し、どのようなサービスが必要なのかを査定した上でケアプランを作成したり、その後も要介護者の状況を評価(モニタリング)します。

 

もちろん、要介護者の状況に応じて介護サービスの内容の調整したり、変更したりすることもあります。

 

また、介護支援専門員(ケアマネジャー)は国家資格ではありませんが、都道府県知事によって登録されるため、公的な資格に認められています。

 

国家資格でなくとも、介護支援専門員(ケアマネジャー)になるためには実務経験と医療や福祉についての資格が求められるので、取得するのが比較的難しい資格だと言えます。

 

しかし、介護保険制度においてケアプランを作成できるのは介護支援専門員(ケアマネジャー)のみになりますので、資格を取得する価値のある仕事だと言えるでしょう。

 

なお、介護支援専門員(ケアマネジャー)は居宅介護支援事業所や介護老人保健施設、特別養護老人ホーム等介護福祉施設などでの活躍が期待出来ます。

 

さらに介護支援専門員は一般的にはケアマネジャーと呼ばれることがほとんどです。

 

ケアマネジャーというのはそのまま介護支援専門員を英語にしたものです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)になるためには

介護支援専門員(ケアマネジャー)になるためには、都道府県が実施している介護支援専門員実務研修受講試験に合格した上で、介護支援専門実務研修を一度も休むことなく修了する必要があります。

 

なお介護支援専門員実務研修の受験資格は以下の通り様々です。

 

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格がある者

 

〈5年以上の実務経験を有し、なおかつ900日以上従事していることが条件〉

 

1. 以下の法定資格を所持している者

 

社会福祉士 / 精神保健福祉士 / 理学療法士 / 介護福祉士 / 作業療法士 / 視能訓練士 / 義肢装具士 / 歯科衛生士 / 言語聴覚士 / 医師 / 歯科医師 / 薬剤師 / 保健師 / 助産師 / 看護師 / 准看護師 / あん摩マッサージ指圧師 / はり師 / きゅう師 / 柔道整復師 / 栄養士 / 管理栄養士

 

2. 所定の福祉施設において相談援助に従事する者

 

3. 所定の福祉施設において介護業務に従事する者で、なおかつ以下の資格のいずれかを試験前日までに取得している者

 

・介護職員初任者研修課程または介護職員実務者研修を修了
・社会福祉主事任用資格
・1の資格を取る
・2の所定の福祉施設で相談援助業務の実務経験を1年以上積む

 

〈10年以上の実務経験を有し、なおかつ1800日以上従事していることが条件〉

 

4. 所定の介護業務に従事しており、3の条件に当てはまらない者

 

1のように国家資格もしくはそれと同等の資格を有し、その業務に関する実務経験を5年以上積んでいれば介護支援専門員実務研修受講試験を受験することができます。

 

2については例えば特別養護老人ホームなどで相談援助業務の実務経験を5年以上積めば介護支援専門員実務研修受講試験を受験することができます。

 

3に関しては、養護老人ホームや老人デイサービスセンター、老人短期入所施設などでの実務経験が5年以上あり、なおかつ主たる業務が介護業務であれば介護支援専門員実務研修受講試験を受験することができます。

 

また、資格をもたない人でも10年以上の介護に関する実務経験さえあれば介護支援専門員実務研修受講試験を受験することができます。

 

ただしこの場合、10年以上の実務経験と判断される業務には非常に細かな指定があります。

 

なお試験科目は指定の資格を所持していれば試験の一部の科目が免除になりますので確認しておきましょう。

 

介護支援専門員実務研修受講試験の試験科目(計60問 / 120分)

 

・介護支援分野についての問題(25問)

 

・保健医療サービス分野についての基礎的な問題(15問)

 

・保健医療サービス分野についての総合的な問題(5問)

 

・福祉サービス分野についての問題(15問)

 

この試験に合格して、晴れて介護支援専門実務者研修を受けられるようになった暁には、前期・後期合わせて1週間ほどの研修を受けることになります。

 

また、実務研修は都道府県ごとに実施の方法が異なります。

 

そして介護支援専門実務研修を修了した後は、都道府県から介護支援専門員として登録され、任用された人が介護支援専門員(ケアマネジャー)と名乗り、業務にあたることが可能となります。

 

一度介護支援専門員として登録されれば、登録が消されることはありませんが、介護支援専門員証の有効期限は5年となっており、再交付や更新を行う場合には都度研修を受けることが必要となります。

 

要するに、一度介護支援専門員(ケアマネジャー)になってしまえば安泰というわけではなく、定期的に研修を受けることが求められます。