サービス管理責任者の仕事と職場

サービス管理責任者とは、障害者総合支援法に基づき、障害者福祉サービスの利用者に対し、個人支援計画およびアセスメントを検討・作成し、定期的にモニタリングを実施することでサービスの質を高める役割を担う者を指します。

 

サービス提供全般についての責任を担っており、資格ではないものの、サービス管理責任者の業務を行うためには一定の実務経験および研修が求められます。

 

また、サービス管理責任者は生活介護、自立訓練、就労移行支援、療養介護、就労継続支援、施設入所支援、児童で伊サービス、共同生活介護、共同生活援助などの障害者福祉サービスを行う場合、必ず施設に配置されなくてはなりません。

 

そのようなサービス管理責任者になるためには、5年から10年以上の障害者に関する相談支援および直接支援業務の実務経験を有し、相談支援従事者初任者研修(講義)およびサービス管理責任者研修の修了が必要です。

 

さらに求められる実務経験には詳細な指定があり、業務や資格ごとに必要な実務経験の期間が異なります。

 

サービス管理責任者の実務経験として認められる者

 

【相談支援業務の場合】

 

1. 通算5年以上の経験年数が求められる

 

A. 障害児相談支援事業、知的障害者相談支援事業、身体障害者相談支援事業、障害児(者)地域療育等支援事業、市町村障害者生活支援事業の従事者

 

B. 児童相談所、知的障害者更生相談所、精神障害者地域生活支援センター、身体障害者更生相談所、保健所、福祉事務所、市町村役場の従事者

 

C.  身体障害者更生施設、障害者支援施設、知的障害者更生施設、精神保健福祉センター、老人福祉施設、介護老人保健施設、救護施設及び厚生施設、指定居宅介護支援事業所の従事者

 

D. 障害者職業センター、障害者就業・生活支援センター、障害者雇用支援センターの従事者

 

E. 養護学校、盲学校、聾学校の従事者

 

F.  保険医療機関の従事者(社会福祉主事任用資格者および訪問介護員2級以上に準ずる研修修了者、ならびに4の資格の所持者、1のAからEの従事者で実務経験が1年以上の者)

 

【介護業務の場合】

 

2. 通算5年以上の経験が求められる

 

以下は社会福祉主事任用資格者、保育士、社会福祉士、児童指導員任用資格者、精神障害者社会復帰指導員任用資格者で、なおかつGからKの施設の従事者が対象

 

G. 障害者支援施設、身体障害者福祉ホーム、身体障害者更生施設、身体障害者授産施設、身体障害者福祉センター、身体障害者養護施設、精神障害者社会復帰施設、知的障害者デイサービスセンター、知的障害者授産施設、知的障害者通勤寮、知的障害者更生施設、知的障害者福祉ホーム、介護老人保健施設、老人福祉施設、療養病床の従事者

 

H. 障害者福祉サービス事業および老人居宅介護等事業の従事者

 

I.  保健薬局、保険医療機関、訪問看護事業所の従事者

 

J. 重度障害者多数雇用事業所、特例小会社の従事者

 

K. 養護学校、盲学校、聾学校の従事者

 

3. 通算10年以上の経験が求められる

 

以下は社会福祉主事任用資格者、保育士、社会福祉士、児童指導員任用資格者、精神障害者社会復帰指導員任用資格者ではない、2の施設の従事者が対象

 

【その他の業務の場合】

 

4. 通算3年以上の経験が求められる

 

L. 以下の資格を有し、関連する業務に5年以上従事してなおかつ1から3の業務の従事者

 

医師 / 看護師 / 准看護師 / 保健師 / 助産師 / 薬剤師 / 理学療法士 / 作業療法士 / 社会福祉士 / 介護福祉士 / 視能訓練士 / 義肢装具士 / 歯科医師 / 歯科衛生士 / 言語聴覚士 / 精神保健福祉士 / あん摩マッサージ指圧師 / はり師 / きゅう師 / 柔道整復師 / 栄養士 / 管理栄養士