福祉住環境コーディネーターの仕事と職場

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者および障害者の住環境を住みやすいものにするためにコーディネートする人のことです。

 

また、福祉住環境コーディネーターの検定試験は、コーディネーターが介護福祉や医療、建築、行政の立場を理解し、それぞれの要素が抜け落ちないように仲立ちをする役割を担い、高齢者や障害者、そしてその家族の立場に配慮した住環境整備をスムーズにするための能力を身につけるために東京商工会議所が行っています。

 

福祉住環境コーディネーターの検定試験には1級・2級・3級がありますが、1級の取得の難易度が最も高いです。

 

さらに、2級・3級はすぐに受けることができますが、1級を受けるためにはまず2級に合格しなくてはなりません。

 

これらの検定試験に合格すると、福祉住環境コーディネーターとして認定されます。

 

ちなみに2級・3級では公式テキストに当てはまる知識とその応用力が問われ、1級では公式テキストの内容だけに留まらない幅広い知識が求められます。

 

いずれもマークシート方式の試験(2時間)で100点満点中70点以上を獲得すれば合格になります。

 

ただし1級に関してはマークシート方式の試験(2時間)に加え、記述式の試験(2時間)があり、いずれの試験も70点以上で合格になります。

 

それぞれの級の出題範囲は次の通りです。

 

1級

 

〈マークシート方式〉

 

1. これからの社会に求められる福祉住環境整備

 

2. 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割

 

3. 地域で支える高齢者ケア

 

4. 地域で支える障害者ケア

 

5. 地域福祉の推進と福祉コミュニティ

 

6. 福祉コミュニティづくり

 

7. ユニバーサルデザインの概念及び沿革

 

8. ユニバーサルデザイン環境の整備手法

 

9. 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ

 

10. 高齢者住宅・施設の種類と機能

 

11. 障害者向け住宅及び施設の種類と機能

 

12. 福祉住環境コーディネーターの実際

 

〈記述式〉

 

実務能力に関する実践力・応用力・総合判断力を問う問題が出題されます。

 

2級

 

〈マークシート方式〉

 

1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境

 

2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能

 

3. 障害のとらえ方

 

4. リハビリテーションと自立支援

 

5. 高齢者・障害者の心身の特性

 

6. 在宅介護での自立支援のあり方

 

7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備

 

8. 障害別にみた福祉住環境整備

 

9. 福祉住環境整備とケアマネジメント

 

10. 福祉住環境整備の進め方

 

11. 福祉住環境整備関連への理解と連携

 

12. 相談援助の実践的な進め方

 

13. 福祉住環境整備の共通基本技術

 

14. 生活行為別福祉住環境整備の手法

 

15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識

 

16. 福祉用具の意味と適用

 

17. 生活行為別にみた福祉用具の活用

 

3級

 

〈マークシート方式〉

 

1. 少子高齢社会と公正社会への道

 

2. 福祉住環境整備の重要性・必要性

 

3. 在宅生活の維持とケアサービス

 

4. 高齢者の健康と自立

 

5. 障害者が生活の不自由を克服する道

 

6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える

 

7. 生活を支えるさまざまな用具

 

8. 住まいの環境のための基本技術

 

9. 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい

 

10. ライフスタイルの多様化と住まい

 

11. 安心できる住生活

 

12. 安心して暮らせるまちづくり

 

 

なお、福祉住環境コーディネーターの職場は福祉用具貸与事業所または居宅介護支援事業所になります。