精神保健福祉士の仕事と職場

社会福祉士と同様、精神保健福祉士の仕事は相談援助になります。

 

精神保健福祉士に関する法律は精神保健福祉士法が該当します。

 

精神保健福祉士法第2条によると、精神保健福祉士は精神病院およびその他の医療施設で精神障害に関する医療を受けている人や、精神障害者が社会復帰できるよう促している施設の利用者の地域相談支援に関する相談に専門知識や技術を用いて応じたり、助言および指導、訓練などを提供する立場だとされています。

 

相談援助業務には資格を持っていなくてもあたることはできますが、精神保健福祉士として精神障害者の援助をする場合は資格を取得する必要があります。

 

この精神保健福祉士の資格を取得するためには4年生大学卒業と同等の専門的な知識およびスキルが求められますので、資格取得は社会福祉士と同じ位難しいと言われています。

 

また精神保健福祉士の国家試験の科目や単位には社会福祉士と共通するものがあるので、両方受験する人にとっては受験しやすいと言えます。

 

もちろん先に社会福祉士の資格を取得した後に精神保健福祉士を目指しても国家試験の共通科目の受験は免除になります。

 

この精神保健福祉士には精神福祉および精神保健に関する詳細な知識や問題解決力、コミュニケーション能力など幅広い能力が求められます。

 

なお、精神保健福祉士に関する問い合わせ先は公益財団法人社会福祉振興・試験センターとなっています。

 

精神保健福祉士の職場としては、

 

1.  医療機関(総合病院・精神科や精神科病院など)

 

2. 福祉行政機関(福祉事務所・精神保健福祉センター・保健所など)

 

3. 生活支援サービス(精神障害者福祉ホームなど)

 

4. その他(社会福祉協議会・介護保険関連施設など)

 

があります。

 

上記はほんの一握りで、最近では企業や教育機関にも活躍の幅を広げています。

 

ちなみに研修認定精神保健福祉士と認定精神保健福祉士という資格ありますが、これらは精神保健福祉士の質を高めるために、公共社団法人日本精神保健福祉士協会が行っている認定制度であり、基礎研修を修了した人は研修認定精神保健福祉士となり、後に更新研修(5年ごと)を受けた人は認定精神保健福祉士に認定されるようになっています。

精神保健福祉士になるためには

精神保健福祉士になりたい人はどうしたら良いのでしょうか。

 

精神保健福祉士になるためには国家試験の受験資格を取得し、それに合格することが必要です。

 

精神保健福祉士になるための方法は複数ありますので確認してみましょう。

 

1. 保健福祉系の4年制大学で指定科目を履修
この場合、卒業後に精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

2. 保健福祉系の3年制短期大学で指定科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で1年間行うことにより、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

3. 保健福祉系の2年制短期大学で指定科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で2年間行うことにより、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

4. 福祉系の4年制大学で基礎科目を履修
この場合、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経た後、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

5. 福祉系の3年制短期大学で基礎科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で1年間行った後、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経て精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

6. 福祉系の2年制短期大学で基礎科目を履修
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で2年間行った後、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経て精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

7. 社会福祉登録者
この場合、6ヶ月以上短期養成施設での経験を経て精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

8. 一般の4年制大学
この場合、卒業後に一般養成施設を1年修了した後、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

9. 一般の3年制短期大学
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で1年間行った後、一般養成施設を1年修了し、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

10. 一般の2年制短期大学
この場合、卒業後に相談援助実務を指定の施設で2年間行った後、一般養成施設を1年修了し、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

11. 相談援助実務4年
この場合、一般養成施設を1年修了した後、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。

 

【指定科目】

 

・人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目

 

・現代社会と福祉

 

・地域福祉の理論と方法

 

・社会保障

 

・低所得者に対する支援と生活保護制度

 

・福祉行財政と福祉計画

 

・保健医療サービス

 

・権利擁護と成年後見制度

 

・障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

・精神仕官とその治療

 

・精神保健の課題とその支援

 

・精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)

 

・精神保健福祉相談援助の基盤(専門)

 

・精神保健福祉の理論と相談援助の展開

 

・精神保健福祉に関する制度とサービス

 

・精神障害者の生活支援システム

 

・精神保健福祉援助演習(基礎)

 

・精神保健福祉援助演習(専門)

 

・精神保健福祉援助実習指導

 

・精神保健福祉援助実習

 

【基礎科目】

 

・人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目

 

・現代社会と福祉

 

・地域福祉の理論と方法

 

・社会保障

 

・低所得者に対する支援と生活保護制度

 

・福祉行財政と福祉計画

 

・保健医療サービス

 

・権利擁護と成年後見制度

 

・障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

・精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)

 

・精神保健福祉援助演習(基礎)