保育士の仕事と職場

保育士とは専門知識と技術を用いて、児童福祉施設にて小学校就学までの児童の保育を行う人です。

 

また、保護者に対しても児童の保育に関わる指導を行います。

 

保育士は児童福祉法に基づく国家資格であり、一度資格を取得すれば、一生涯に渡り保育士の資格を持つことが可能です。

 

保育士の資格を持つ人は保育所をはじめ、乳児院や児童養護施設、児童自立支援施設、知的障害児施設などで活躍しています。

 

それでは保育士になるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

保育士になるためには厚生労働大臣指定の保育士養成施設を修了するか保育士試験に合格するという方法があります。

 

保育士養成施設の場合は、指定の科目と校外実習の全てを履修し、修了することで保育士資格を取得することが可能です。

 

保育士養成施設の場合は、保育士試験を受けなくても構いません。

 

なお、全国に保育士養成施設と認定されている大学、短期大学、専門学校がありますので、現在高校生の人はこのような施設に進学するのが近道です。

 

また、保育士養成施設に進学しなくても、都道府県知事から指定を受け、一般社団法人全国保育士養成協議会が行っている保育士試験に受かれば保育士資格を得ることができます。

 

ちなみに保育士試験を受けるのには次のうちのいずれかの受験資格が求められます。

 

1. 大学・短期大学・専修学校などの保育士養成施設に2年以上在籍、指定の単位を取得済み(もしくは年度中に取得見込み)の者

 

2. 1991年3月31日より前に高校を卒業した者

 

3. 1996年3月31日より前に高校の保育科を卒業した者

 

4. 高校卒業後、児童福祉施設にて児童の保護に2880時間以上(2年以上)従事した経験を持つ者

 

5. 中学卒業後、児童福祉施設にて児童の保護に7200時間以上、従事した経験を持つ者