児童指導員の仕事と職場

児童指導員とは、児童福祉施設において、両親の代わりに18歳未満の児童を監督・保護をし、児童の生活や学習のサポートをする役割を担っています。

 

この児童指導員の仕事をするためには児童指導員任用資格を取得しなければなりません。

 

また、児童指導員は乳児院や保育所、児童援護施設、知的障害児施設、児童自立支援施設などの職場に採用され、勤務している時だけ児童指導員を名乗ることができます。

 

なお、児童指導員の仕事は保育士の仕事と一般的に同じですが、保育士の場合は資格を持っていて、保育士登録名簿に登録されてさえいれば会社員であろうと保育士を名乗ることが可能である点が児童指導員の資格とは異なります。

 

いずれにせよ、児童福祉施設に勤務する場合には児童指導員任用資格か保育士の資格が必要となることを覚えておきましょう。

 

さて、その児童指導員任用資格を得る方法ですが「大学で心理・福祉・教育・社会の学部か学科を卒業する」もしくは「大学で小・中・高校のうちのいずれかの教員免許を取る」方法、さらには「厚生労働大臣指定の児童指導員養成施設を卒業する」という方法があります。

 

既に働いていて、日中、大学に通えないという人でも、夜間制の大学や通信制の大学ならば働きながらでも授業を受けられるため、この方法で児童指導員任用資格を取得するのも良いでしょう。

 

さらに児童福祉施設で2年(高卒以上の場合)もしくは3年(その他)の実務経験を積み、資格を取得する方法もあります。