臨床心理士の仕事と職場

臨床心理士とは、人間の心の問題に対し、専門知識と技術を持ってアプローチする心の専門家です。

 

臨床心理士は文部科学省が認める公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行っている試験に合格して、臨床心理士として認定を受けることでなることができます。

 

日本には心理カウンセラーや心理相談員といった様々な名称で呼ばれる心の専門家がいますが、臨床心理士だけが公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から資格として認められています。

 

この臨床心理士の活動領域は非常に幅広く、教育、医療、福祉、司法、産業など実に多岐に渡ります。

 

福祉分野では、児童相談所や心身障害者福祉センター、女性相談センター、老人福祉施設などが職場となり、子供の非行や心身の発達、女性のDV問題や高齢者問題などに対し、心理的なサポートを行っています。

 

なお、臨床心理士の資格を得る為には大学で心理学を専攻した上で、指定大学院修士課程を修了することが求められ、取得するのが非常に困難な資格だとされています。

 

また、指定大学院には第1種、第2種、専門職と種類が3つあり、第2種大学院の場合は実務経験を1年積む必要があります。

 

臨床心理士の資格試験は年に1度行われ、1次試験(筆記試験)と2次試験(口述面接試験)に分かれており、専門職大学院の場合は一次試験の論文が免除されます。

 

なお、一度資格を取得しても、5年ごとの更新審査があるため、日頃から研究や研修が求められます。