栄養士と管理栄養士の仕事と職場

栄養士

 

栄養士とは、栄養の指導をする人で、厚生労働大臣指定の4年生大学または短期大学、専門学校などの栄養士養成施設もしくは管理栄養士養成施設にて栄養士に必要な知識と技術を身に付け、都道府県知事より免許を与えられるとなることができます。

 

栄養士養成施設でのカリキュラムには実習がとても多いため、夜間制の学校や通信制の学校はありません。

 

主な活躍の場所は病院や特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、児童擁護施設などで、栄養に関する知識をもとに栄養バランスの良い献立を決めたり、調理をして栄養管理をします。

 

管理栄養士

 

管理栄養士とは、栄養士よりもさらに高度な専門知識と技術を持って栄養指導に当たる人で、栄養士の免許を持つ人が管理栄養士国家試験に合格するとなることができます。

 

栄養士が都道府県知事から免許を与えられるのに対し、管理栄養士は厚生労働大臣から免許が与えられる国家資格である点が大きな違いとなっています。

 

業務内容も栄養士よりも複雑で、傷病療養中の人に対して適切な栄養指導を行ったり、個人の栄養状態や身体状況に合わせて栄養指導を行ったり、特定多数の人に対して栄養状態や身体状況を把握しながら適切な食事を供給したり、栄養管理するなどの高度な知識が求められるものばかりです。

 

また、管理栄養士の活躍の場所は栄養士と同様に病院や特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、児童擁護施設などです。

 

この管理栄養士を目指す人は、4年制大学卒業相当の知識および技術が必要なのですが、管理栄養士養成施設を卒業するという方法がある一方で、栄養士になって実務経験を得るという方法でも管理栄養士を目指すことができます。

 

ただし、いずれの場合でも、国家試験に合格しなくてはなりません。

 

具体的には次の通りです。

 

・栄養士養成施設を卒業し、栄養士として栄養指導業務に従事した者
→この場合、在学期間と実務経験の期間が合わせて5年以上必要になります。

 

・4年制大学や専門学校などの管理栄養士養成施設を卒業した者
→この場合、卒業後にすぐに国家試験を受けることができます。

 

また、管理栄養士養成施設も栄養士養成施設と同様に、カリキュラムに実習がとても多いため、夜間制の学校や通信制の学校はありません。

 

なお、管理栄養士の試験科目は次の通りです。

 

・食べ物と健康
・社会・環境と健康
・栄養教育論
・基礎栄養学
・応用栄養
・公衆栄養学学
・臨床栄養学
・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
・給食経営管理論