児童福祉司の仕事と職場

児童福祉司は児童相談所で児童の保護・福祉に関わる事項について相談・指導する職員のことを指します。

 

児童福祉司の仕事をするためには、定められた基準を満たし、児童相談所に配属されなくてはなりません。

 

また、児童福祉法に定められた児童福祉司任用資格(問い合わせ先:厚生労働省)が必要になります。

 

さらに都道府県や政令指定都市などの自治体が行っている地方公務員試験にも合格しなければ適用されません。

 

このように資格を取得し、地方公務員試験に合格した上で、なおかつ実際に児童福祉司に任用されることによって初めて児童福祉司と名乗り、仕事をすることが可能になります。

 

稀に地方公務員試験に合格していない人であっても、児童福祉司任用資格さえ満たしていれば臨時職員として採用してくれるところもありますので、気になる人は確認してみましょう。

 

児童福祉司の職場は先述した通り、児童相談所になります。

 

なお、児童福祉司任用資格には次の要件がありますので確認しておきましょう。

 

・厚生労働大臣指定の養成機関を卒業もしくは厚生労働大臣指定の講習会を修了すること

 

この方法については養成機関や講習会自体の数が多くなく、なおかつ対象となるのが大学を卒業した者や保育士となるため、誰でも受けることができるというわけでは点に注意が必要です。

 

・心理学、教育学、社会学に関係する大学の学部を卒業した上で、指定の福祉機関での実務経験を1年有すること

 

児童福祉司任用資格取得のためのルートの中では、この方法が最もスムーズであると言えると思います。

 

その場合、次の中の3科目以上を履修する必要があります。

 

社会福祉概論 / 社会福祉事業史 / 社会福祉援助技術論 / 社会福祉調査論 / 社会福祉施設経営論 /
社会福祉行政論 / 社会保障論 / 公的扶助論 / 児童福祉論 / 家庭福祉論 / 保育理論 / 身体障害者福祉論 / 知的障害者福祉論 / 精神障害者保健福祉論 / 老人福祉論 / 医療社会事業論 / 地域福祉論 / 法学 / 民法 / 行政法 / 経済学 / 社会政策 / 経済政策 / 心理学 / 社会学 / 教育学 / 倫理学 / 公衆衛生学 / 医学一般 / リハビリテーション論 / 看護学 / 介護概論 / 栄養学及び家政学

 

もし心理学や教育学、社会学が専攻でない場合でも、大学卒業後に養成機関に入り、児童福祉司を目指すことが可能です。

 

また、大学院卒業者や海外の大学卒業者についても指定機関で1年間の実務を行うことで取得可能です。

 

・医師

 

・社会福祉士

 

・社会福祉主事として児童福祉に関わる2年間の実務経験を有する者

 

この他にも、児童相談所の所員としての経験が2年以上あるもしくは児童福祉事業に3年以上従事した経験のある者も該当します。

 

・厚生労働省で上記の能力を有すると認められた者

 

以下の資格を有する者は指定施設での実務経験を経た上で、講習会を受講すれば取得可能です。

 

1. 保健士、助産師(1年)
2. 看護師(2年)
3. 保育士(2年)
4. 教員(専修 / 1種)(1年)
5. 教員(2種)(2年)
6. 児童指導員(2年)

 

※カッコ内は実務経験の必要年数