介護職員実務者研修の概要

介護職員実務者研修は2013年に新設された研修で、介護職員基礎研修およびホームヘルパー1級の資格が2012年を持って修了になりました。

 

つまり、これまで介護職員基礎研修・ホームヘルパー1級は2013年以降、介護職員実務者研修に1本化されたということになります。

 

既に介護職員基礎研修やホームヘルパー1級の資格を持っている人は短期間で介護職員実務者研修に資格を移行することができますし、実務者研修の一部の科目が免除になるので受けて損はありません。

 

なお、介護職員実務者研修には資格取得のための試験はなく、研修を受けるだけになります。

 

ただし、介護職員実務者研修を修了した人は介護に関する知識や技術を備えていると判断されます。

 

介護職員実務者研修は厚生労働大臣によって制定された基準に基づき、指定の実務者養成施設が開催するので、資格ではないとはいえ、公的に効力のある研修だと考えて良いでしょう。

 

さらにこの介護職員実務者研修を修了し、3年間の実務経験を積めば介護福祉士国家試験の受験資格が手に入りますので、介護福祉士になりたい人には早めの受講をおすすめします。

 

介護職員実務者研修の修了者の現場での仕事は介護職員初任者研修修了者の仕事と似ていますが、一方で就職にも非常に有利な上級資格であり、介護職員初任者研修よりもさらにレベルの高い知識や技術を持っていると見なされます。

 

特に訪問介護事業所で働くのであれば、サービス提供責任者になることもできますし、介護職員初任者研修修了時よりも給料の向上も期待できます。

 

その他にも特別養護老人ホーム等の介護施設で多くの介護職員実務者研修修了者が活躍しています。

 

この介護職員実務者研修は、450時間の研修を6ヶ月以上かけて受講し、修了する必要があります。

 

働いている人でも通いやすいように土日開講や夜間講座があったり、通信講座も用意されていますが、演習などの研修では通学が必須となっています。

 

また、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修、ホームヘルパー1級から3級、認知症介護実践研修や喀痰吸引研修などの全国研修の受講者はそれぞれ受講した研修に応じて介護職員実務者研修の科目の一部が免除となります。